引越し 相場 閑散期

引越しの閑散期を知る!

引越しの閑散期とは、引越し業界のオフシーズンです。
引越し業界では、2月位からやや忙しくなり、3月4月に忙しさのピークを迎えます。それを過ぎてからは、ゴールデンウィーク以外はオフシーズンとなります。
夏休みシーズンとなる8月9月は再びやや繁忙期となりますが、これを過ぎればまた閑散期です。

 

まとめると
閑散期となる月は、1月 5月 6月 7月 10月 11月 12月。
また4月や9月も下旬になってくると引越しをする人は少なくなり、閑散期と言って良いような状況となります。

 

引越し業者により閑散期はやや異なる

基本的にあまり多くの依頼が舞い込まない閑散期でも、偶然多くの依頼が舞い込むという事もあります。
そうなればその業者は、1月だろうと6月だろうと一時的に繁忙期となり料金が割増になります。

 

先ほど挙げた閑散期の月などはあくまでも、引越し業界全般におけるおおざっぱなもので、特定の引越し業者には当てはまらない事もあるのでご注意下さい。
宅配業務を行っているクロネコや佐川急便などの引越し業者は、お中元・お歳暮・セールのシーズンは繁忙期となっている事もあります。

 

閑散期=通常期
閑散期とは通常期の事でもあります。
通常よりも引越し料金が格安になる時期ではなく、通常の引越し料金が適応される時期と考えましょう。

 

しかし3月4月の繁忙期だけではなく、土日祝日や連休、大安などは引越し料金が割高となります。
ですから閑散期がどのタイミングかを知り、そこを引越し日に選ぶというのは無意味な事ではありません。

 

閑散期の引越し料金相場

  • 単身引越し 荷物少なめ = 46,000円
  • 単身引越し 荷物多め = 61,000円
  • 2人引越し = 98,000円
  • 3人家族引越し = 132,000円
  • 4人家族引越し = 147,000円

引越し条件によって料金は大きく変わります。
短距離引越しだと相場より安く、長距離だと相場より高くなる、といった事はあります。
同条件の引越しでも業者によって料金はかなり変わってきます。

 

 

閑散期の引越しでも引越し業者選びを間違えばかなり高くなります。
しかし最安値業者を選べばかなり料金は安くなるでしょう。
どの引越し業者が最安値になるかは引越し条件によって異なるため、一括見積もりでしっかり業者を比較しましょう。

 

一括見積もりを使って最安値業者を探す方法や、値下げの交渉をする方法については、トップページ記事をご参考下さい。

 

 

 

閑散期の引越しをさらに安くする方法-トップページへ移動する